ひざ痛 ひざの痛み

ひざの痛みは、元通りの状態に戻すことが困難な病の一つであり、
いったんひざ痛になってしまうと5年、10年と非常に長い期間
ひざの痛みと付き合っていかなければなりません。

そんなひざ痛を改善するため、あなたは、
注射や薬と付き合って行きますか?

もしも、あなたが、

「毎週毎週、痛いヒアルロン酸注射を打つのはいやだ」
「注射をしないでひざを自然に回復させたい」
「薬を飲まずに・・・」

注射、薬を使用しない

と思っているのであれば、

ひざ痛を改善する方法をお教えしますので、
5分だけこのページを読み進めてください。

念願の旅行に行けるようになった!(60代女性)

50代に入ってから、ひざの痛みがひどくなり、整形外科でレントゲンを撮ったところ、
骨の変形が認められ「老化のはじまり」といわれました。

その後、週3回リハビリに通い、温めたり、電気治療や重りをつけてひざの運動など
していましたが、なかなか痛みがおさまらずにいたところ、
友人にすすめられて鍼灸をやってみることにしました。

治療すると2〜3日は、少し楽になるときもありましたが、またすぐに痛みが起こります。

あきらめかけていたところ、宮田先生の体操を知ったのです。

体操ということで、はじめは不安な面もありました。

しかし、この体操は、ひざや体全体に対する負担も少なく、体力もアップできるところがいいなぁと思い、続けてみることにしたのです。

体操では、痛いひざを直接無理には動かさず、
周りの股関節や足関節の動きをよくしていく操作を行いました。

すると、はじめてから少しずつひざの痛みも楽になり、
3ヶ月を過ぎたころから歩く速度も早くなって、安定感も感じるようになってきました。

以前は、湿布に頼っていた毎日でしたが、最近では貼らなくてもよくなりました。

また、体操といっしょにひざの関節に負担がかからないからだの使い方もご指導していただき、かねてから念願だった旅行にも友達と行けるようにまでなったのです。

本当にこの体操をやっていてよかったと思います。

これからも続けていくとともに、同じような悩みを持った方たちにも
すすめてあげたいと思っています。

(宮田トオル著:『もどし体操でからだ革命』より)

全国2000人以上の中高年者を救った、
本物のひざ痛改善法とは…

手紙

宮田トオルはじめまして、メディカルケア院長の宮田トオルと申します。

私は、日本でも数少ないメディカルトレーナーとして、

プロゴルファー、
プロテニス選手、
プロ格闘家、
さらには、芸能人

などの運動指導をしております。

また、その他に「もどし体操友の会」を結成し、健康長寿をスローガン
体の各所に痛みを持った中高年者2000人以上に
セルフメディケーション法を教えてまいりました。

最近は健康雑誌やゴルフ雑誌の連載、TVのクイズ番組などにも
度々出演しているのでご存じの方もおられるかもしれません。

【宮田トオル:著書】

著書

【宮田トオルの講演・セミナー実績】

・日本エステティック協会
・(社)日本パブリックゴルフ事業協会
・JA中央会ふれあい活動リーダー研修会
・西日本地区JA生活文化活動担当者研究集会
・東日本地区JA生活文化活動担当者研究集会
・東京都立高等学校キャリアガイダンス
・千葉県スポーツ指導者講習会
・昭島ロータリークラブ主催少年野球教室
・スポーツ科学講座
・中日本地区JA生活文化活動担当者研究集会

【宮田トオル:メディア出演】

東名阪ネット「カルチャーSHOwQ21世紀テレビ検定」ゲスト出演
TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食&一直線」ゲスト出演

【雑誌連載、記事掲載】

雑誌
「ゴルフレッスンコミック とくする体 〜楽ラクエクササイズ〜」(日本文芸社)
連載、その他、各健康、スポーツ雑誌掲載

このような健康会や講演活動を通じて最近感じることは、
老若男女を問わず、ひざ痛に悩んでいる人が多いということです。

講演後、
「ひざ痛の改善法についてもっと詳しく教えてください」
「何年たってもひざ痛が良くならないのですが、どうしたらよいのでしょう」
といったご意見やお悩みを多く頂きます。

ひざ痛は、原因が分かりにくい上に、毎日適度に動かしていないと、
次第に動かせる範囲が狭くなり、最悪全く曲げ伸ばしが
できなくなってしまう怖い疾患です。

そんなひざ痛に悩む多くの方々を一日も早く助けたい。
そんな思いからこのページを書きました。

あなたは笑顔で同窓会に参加できますか?

以下は、私の患者さんから伺った話です。

Aさんは、大学時代スキーサークルに所属していました。
あまりサークル内で目立つような存在ではなく、
充実した大学生活とはいえませんでした。


一方、Bさんは、Aさんと同じスキーサークルに所属し、美人で活動的。
サークルのマドンナ的な存在であり、充実した大学生活を送っていました。


そんな二人にも共通点が一つあり、
二人ともスキーで痛めたひざ痛が悩みの種でした。


卒業後それぞれ就職し、お互いに会う機会がなくなってしまいましたが、
そんな二人が10年後同窓会で再会します。


Aさんは、大学卒業後もスキーを続け健康的な生活を送りめでたく結婚。
2人の子供を育て、ぱっとしなかった大学時代がまるで嘘のような
充実した日々を送っています。


一方、大学時代華々しく充実した生活を送っていたBさんは、
大学時代とはまるで別人のようになっていました。


Bさんは大学卒業後ひざが痛くて趣味であるスキーが続けられず、
さらに買い物などの外出にも不便を感じるようになり、
気持ちが落ち込み家に閉じこもりがちになってしまったのです。

その結果、運動不足になり
体型も大学時代とはまるっきり別人にかわってしまいました。


話をしても、

「ハワイにいったんだけど、ひざが痛くて団体についてゆけず
白い目で見られた」
「最近はスキーに行ってももっぱら温泉につかってる」

など、Bさんは後ろ向きな話ばかりするので、
周りは話が弾んでいないようでした。


場を盛り下げている自分に気がついたのか、
結局Bさんは同窓会を途中でひっそりと退席されたそうです。

以上の話は、私の患者さんであるAさんから聞いた実話ですが、
この二人はどうしてこんなに違う人生を送ることになったのでしょうか?

その原因は、大学時代に等しく悩んでいたひざ痛への対処にあります。

Aさんは、大学卒業後私のもとに相談に来院され、
「宮田流ひざ痛改善法」をマスターしました。

一方、

Bさんは、激痛を伴う注射治療を毎週病院で受けていますが、
それ以外ひざ痛を改善するための努力をしませんでした。

そうです。

Bさんは、その場しのぎの対処療法しか行っておらず、
ひざ痛解消に必要となる運動療法はなにひとつ行ってこなかったのです。

人生を左右する正しいひざ痛改善法とは…

以上は一例ですが、私は「宮田流ひざ痛改善法」の指導を全国各地で行い、

  • ひざ痛が改善した
  • 上手にひざ痛と付き合えるようになった
  • ひざ痛をコントロールできるようになった

という人を2000人以上見てきました。

そこで分かったことは、
正しい運動療法をすれば、ひざ痛は改善するということです。

では、正しい運動療法とは具体的にどうすればいいのでしょうか?

ほとんどのひざ痛改善術に共通する
ひざ痛改善の王道とは…

市販のひざ痛改善本のほとんどには共通する3つのテーマがあります。

それは、

1.痛みをとる
2.筋力をつける
3.ひざの可動範囲を広げる

の3つです。

基本はこの3つであり、どのように行っていくかで、各著者の意見が分かれています。

しかし、このひざ痛を改善する3つの手順には
大きな落とし穴があるのです。

その落とし穴とは何か?
一つずつ見ていきましょう。


1.痛みをとる。

一般にひざの痛みは病院などの保健診療において、
薬の処方や水抜き注射などによって行われます。
ここで勘違いしていけないのは、
薬だけでひざ痛が完治するわけではないということです。

多くの人は、
「医者から処方された薬を飲んでいれば自然にひざ痛は治るだろう」
「水抜き注射を打てばひざ痛は改善するだろう」
と考え後の運動療法を一切行わないのです。

薬や水抜き注射などは、基本的にひざの痛みや炎症を抑えるための
補助的な方法であり、あくまで対処療法にすぎません。

ひざ痛を根本的に改善させるには、次に続く運動療法が必要となるのです。

2.筋力をつける。

一般に運動療法と呼ばれ、ひざ痛改善の本には必ず載っています。
あなたも一度は本を読んで筋力トレーニングをした経験があるのではないでしょうか?

しかし、この筋力トレーニング。
多くの人は本のとおりの効果をあげることができません。

なぜなら、本に載っている写真だけでは、
写真から写真までの途中の動きが全く分からないからです。

つまり、ひざ痛解消のために本来動かすべき動作に
なっていない場合が多いのです。

また、本による筋力トレーニングは、
人それぞれの症状に合った筋力トレーニングではないのも問題です。

ひざが痛くて座るのも大変な人もいれば、それほど痛くない人もいます。
20代でスポーツでひざを痛めた人もいれば、
60代で年齢による関節の変形によりひざを痛めた人もいます。

個人個人のひざの状態にあった運動療法でなければ効果があらわれにくいのです。

3.ひざの可動範囲を広げる。

これについては、本によって載っていない本もあるのですが、
たいていの本にはストレッチ術として紹介されています。

しかし、これについても筋力トレーニング同様、写真だけでは
本来の動きが分からず、ひざ痛の改善に役立っていない人が多いのです。

ひざなどの関節は動かさないとどんどん可動範囲が狭まり、
最終的には曲げ伸ばしすらできなくなってしまいます。

正しい動きのストレッチ術を身につけることで、
ひざの動きがよくなり、可動範囲も広がってゆくのです。

これらの問題点を踏まえ、宮田流ひざ痛改善法では、
どのようにひざ痛を改善させるのでしょうか? ここからはいよいよ宮田流ひざ痛改善法について解説してゆきましょう。

ひざ痛改善のために必ず必要となる
3つの手順を宮田流に大改造。
これまでのひざ痛改善法の弱点をクリアした
その画期的なノウハウとは…

宮田流ひざ痛改善法では、次の手順であなたのひざ痛を改善してゆきます。

前準備として症状から
ひざの痛みのレベルを3段階に分ける。

あなたのひざは、

動かし始めるときに痛むのですか?
時々痛む程度ですか?
水がたまりやすいですか?
動かすと音がしますか?
等々…

これらの症状をチェックすることにより、ひざ痛のレベルを3段階に分けます。

病院に行く必要があるかどうかもこのチェックで簡単に分かります。

結局病院にいくなら意味ないじゃん!
と思われる方もいるかもしれませんが、
たとえ病院に行く必要があるひざ痛であっても、
通院後に宮田流ひざ痛改善法マスターすればリハビリのスピードが
短縮されますし、ひざ痛の再発を防ぐのにも役立ちます。

宮田流 ひふ調整法で痛みをとる。

ひざ痛改善には運動が必要だと分かっていても、
ひざが痛ければ運動なんてしたくないですよね?

そこで、運動の前に宮田流ひふ調整法でひざの痛みを改善する方法
お教えます。

宮田流ひふ調整法とは、
スキンコントラクションという私が開発した最新のマッサージ術で、
ひふマッサージをすることによってひざの痛みを和らげる方法です。

この宮田流ひふ調整法をマスターすれば、
急にひざが痛くなった時に自分で痛みをコントロールできるようになります。

薬や注射に頼ることなく、安心感を持って日常生活を
送れるようになるのです。

1日5分の宮田流ひざ痛改善体操で
筋力をアップさせる。

次に、先ほど分けた3つの段階それぞれのひざ痛のレベルに合った、
最小限の運動で最大の成果を得ることのできる、
1日5分程度の体操
を解説いたします。

ひざ痛改善の筋力トレーニングというと、
ひざ周りの筋肉をつけることを中心とするものが多く、
筋力トレーニング系のハードな内容のものが多いのですが、
宮田流ひざ痛改善体操はこれらと全く異なります。

たった数分のかるい運動で、ひざ痛改善のために
本当に必要となる筋肉のみを筋力をアップさせます。

私のひざ痛改善体操は、延々とひざ周りの筋力をつけるようなトレーニングとは
根本的に異なります。

ひざ痛を改善するにはひざ周りではなく、
ある部分の筋肉を動かす必要があるのです。

この体操を身につけることで、いかに今までのひざ痛改善本が無駄なことを
教えていたかが分かることでしょう。

宮田流ひざ痛改善ストレッチで
ひざの可動範囲を広げる。

ひざの痛みや不快感が続くと、
多くの場合ひざをかばって無理に動かそうとはしなくなります。
しかし、関節は毎日適度に動かしていないとしだいに動かせる範囲が狭くなり、やがて全く曲げ伸ばしすることができなくなってしまいます。

これを防ぐため、多くの人は本を読み自己流でストレッチする。
または、整体院などに通ってひざをストレッチします。

しかし、自己流のストレッチでは先に述べたような問題点がありますし、
一般的な整体院では、
1回5000円又は10分あたり1000円もの料金がかかります。
1週間に1回通うと月に約20000円必要です。

1年ではどうでしょうか?
5年ではどうでしょうか?

もしこれが自宅で好きな時間に、
すきなだけ自分でできるとしたらよいとは思いませんか?

そこで、宮田流ひざ痛改善法では、コントラクションストレッチという、
私が開発した、無理なくひざの可動範囲を広げる最新式のストレッチ術を
お教えいたします。

普通一般のストレッチ法と異なり、
私のストレッチ術は個人による違いはありますが、
ひざの可動範囲が2倍程度広がります。

ひざが全く曲がらないと悩んでいる人でも、私のストレッチ術で
少しずつ可動範囲が広がっていくことを実感されることでしょう。

以上、4つのステップにより、あなたのひざ痛を無理なく改善いたします。

この手順を図にまとめると、

1(ステップ1)
まず、ひざ痛の症状を
3つのレベルに分ける

↓

2(ステップ2)
ひざの痛みをとる

(宮田流ひふ調整法)

↓

3(ステップ3)
ひざ痛のレベル別に筋力をつける

(宮田流ひざ痛改善体操)

↓

4(ステップ4)
ひざの可動範囲を広げる

(宮田流ストレッチ)

↓

ひざ痛が改善する

このような流れであなたのひざ痛は改善されます。

かかる時間は、前準備以外のステップ2からステップ4まで
全ての手順を慣れてきた方であれば
終えるのに1日7分程度です。

あなたは、毎週通院するのに何十分かかっていますか?
いや、何時間でしょうか・・・

お金では買えない「時間」もあなたは手にすることができるようになるのです。

この方法を直接あなたにお教えしたいところなのですが、
私は現在多くのプロスポーツ選手のトレーナーであり、また、
講演会も毎月あるなど忙しく直接お教えするには限界があります。

そこで、ひざ痛でお悩みのあなたのために、
私のひざ痛改善法のすべてをまとめたマニュアル(DVD+冊子)を作成いたしました。

さらに、このマニュアルはひざ痛を改善するだけでなく、
改善後の予防ケアについても解説しています。

その一部を見ていきましょう。

食事制限する必要のないダイエット術

あなたは医者からひざ痛を治すために、
「運動してダイエットしなさい」と言われていませんか?

「ひざが痛くて運動ができないのにどうやって
ダイエットするの?食事制限するしかないじゃん!」

と思っているあなた。

そんなあなたのために、
食事制限する必要のないダイエット術をお教えします。

体重の増加は、ひざに大きな負担をかけます。

体重が1s増えるだけでひざにかかる負担は、

平地を歩くときで3s以上、階段の上り下りで6s以上、

増えると言われています。


ゆえに、医者はあなたにダイエットしなさいと言うのです。

ひざ痛に悩む人というのは、普通の人と比べて運動不足になりがちで、
その結果、食事制限で体重を減らそうとする人がほとんどです。

しかし、ここには落とし穴があり、食事制限によるダイエットでは、
ひざ関節に必要なたんぱく質を十分に摂取できなくなってしまい、
ひざ痛治療が長引く原因になってしまいます。

そこで、食事制限のダイエットではなく、基礎代謝をアップしてダイエットする、
ひざ痛の人のためのダイエット術をお教えいたします。

もちろんこのノウハウは、ひざ痛改善後の体重管理、健康維持にも役立ちます。
あなた専属のトレーナーとして、このマニュアルは使えるものになるのです。

さらに、このマニュアルでは
日常生活におけるひざ痛予防法についても解説しています。

何気ない日常の動作一つで人生が変わる!
ひざ痛改善のための日常生活術とは・・・

以前30代の女性で、歩くとひざが痛むという患者さんがいました。

話を聞くと、レントゲンでは異常なしだったので、軽くひざのケアをして、
いったんは痛みがなくなったのですが、すぐまた痛みが再発したとのことでした。

これは日常の生活の動作に原因があるのではないかと思い、
歩き方を見せてもらいました。
すると、彼女の歩き方は典型的なひざ痛を誘発する歩き方になっていました。

前へ出した足が着地して重心が移動していく過程で、
ひざはいったんまっすぐに伸びるものなのですが、それができていなかったのです。
その結果、ひざの関節につねに負担がかかった状態になり、
痛みがとれないのだとわかりました。

このように、日常生活のささいな動作がひざ痛の原因だったりするのです。

このマニュアルでは、日常生活において
ひざ痛を発症させないための動作術を教えいたします。

このように、
宮田流ひざ痛改善法は、ひざ痛改善後の予防ケアなど、
「あなた専属のひざ痛改善トレーナー」を目指して作られています。

このマニュアルに収録されているノウハウをほんの一部紹介しますと、

ひざ痛を改善させるために必ず必要となる
たった1つのポイントとは?
ひざ痛を改善するには強い意志が必要です。
一回あることをするだけで
あなたは強固な意志を手に入れることが出来ます。
ひざ痛にめげない、強い意志を持つために必要となる
あるポイントをお教えします。
痛い水抜き注射はもう不要。
自分で痛みを改善するための宮田流ひふ調整法とは?
痛みを自分で緩和できることができたら、
生活のどんな場面でひざ痛が発症したとしても安心です。
そんな急なひざ痛にも対応できる、長年の医療現場から生まれた
革新的なマッサージ術をお教えします。
実は自宅にある身近なものでも、電気をあてるのと
同じ効果を得る方法があるのです。

その方法とは?
毎週治療院に通うには、 治療費、交通費、
そして人生において最も貴重な時間がかかります。
それが自宅で費用をかけずに行うことができるのです。
自宅で簡単にできる温めてひざをケアする方法、
冷やしてひざをケアする方法についてお教えします。
実は、ひざ痛を改善するためにはひざ周りの筋力よりも
もっと大切な部分があるのです。

その大切な部分とは?
ひざ痛改善の筋力トレーニングというと、
ひざ周りの筋力のためだけにトレーニングをする人が多いようです。
しかし、ひざ痛の改善には、ひざ周りの筋力よりも
もっと重要な筋肉を動かす必要があるのです。
その重要な筋肉を動かすための簡単な方法をお教えします。
痛みがひどいあなたでもできる、
ひざに負担のかからない運動療法とは?
ひざが痛くてほとんどひざを動かすことができない人でも、
身近にある、「ある物」を利用することによって、
楽に運動療法を行うことができます。
ひどいひざ痛に悩まされている人でも
簡単にできる運動療法のやり方をお教えします。
本を10冊以上読み、ひざを鍛えているのに全く効果がない!
そんなあなたが陥っている根本的な間違いとは?
書籍による運動療法には、ある致命的な欠点があるのです。
この欠点をよく理解した上でなければ
市販のひざ痛改善本を何冊読んでも
しっかりとした効果を上げることは難しいでしょう。
その欠点について解説します。
少ない回数、少ない時間で効果をあげることのできる、
正しい運動療法を身につける方法とは?
あなたの身近にあるあるものを使えば、
誰でも簡単に正しい動きの運動療法を習得することができます。
この運動療法を体得すれば、あなたは
1つの運動で10の効果をあげることができるようになります。
その方法をお教えします。
ひざの可動範囲を広げ、柔軟性を保つための
宮田流ストレッチ術とは?
痛いから動かさない。
動かさないから痛くなる。
こんな悪循環に陥っているあなたを救う、アメリカの最新技術を取り入れて開発した画期的なストレッチ術をお教えします。
このストレッチ術を習得すれば、激しいスポーツもこなせるほどに、
あなたのひざの可動範囲は広がります。
日常生活のなにげない動作の裏に隠された落とし穴と、
それに対応するためのひざに負担のかからない動作術とは?
たとえ運動療法でひざ痛を改善したとしても、
その後の日常生活においてひざ痛が再発したのではなんにもなりません。
そこで、日常生活においてひざ痛が再発しやすい場面を
解説するとともに、その再発を防ぐための動作術をお教えします。
ひざ痛の原因はあなたの靴にあった!
ひざ痛改善のための靴の選び方、はき方とは?
ひざ痛改善は、まず足元から!
あなたのひざ痛の原因は靴にあるかもしれません。
医者からは絶対教えてもらえない、
ひざを守るための靴の選び方、靴のはき方をお教えします。
実は横になってくつろいでいるときにも落とし穴があるのです。
ひざ痛を改善するための横になる方法とは?
あなたが和室で横になり、
くつろいでいるときにもひざ痛の原因が潜んでいます。
医者からは絶対教えてもらえない、
ひざ痛を改善するための横になる方法をお教えします。
実は掃除中にひざを痛める人は多いのです。
ひざ痛改善のための掃除における注意点とは?
掃除機をかけるときの動作の中にも
ひざ痛を発症する原因が潜んでいます。
そんな掃除中のひざ痛発症から身を守るための動作術について
解説します。
あることを心がければ、あなたも自然な歩き方を
とりもどすことができるようになるのです
ひざに負担をかけない歩き方。
ひざを守る重心操作法。
これらを分かりやすく解説いたします。
これを見ればあなたはひざに負担をかけない歩き方を
身につけることができます。
ひざの外側が痛くなりやすい人のための
ひざ痛を予防する方法とは?
ひざの外側が痛いという人は多くいますが、
そのような人は足関節にあることをするだけで、
ひざの外側に生じる痛みを予防することができるのです。
その方法についてお教えします。
最近骨盤がずれやすいことに悩む女性が増えています。
そんな女性の悩みを改善しつつ、ひざ痛を予防できる
一石二鳥の方法とは?
骨盤の簡単な運動で骨盤がずれにくくなり、
さらにひざ痛を防ぐ一石二鳥の方法があります。
その方法を分かりやすく解説します。
肩からひざ痛を予防する、革命的なひざ痛予防術とは?
肩はひざから離れているので、ひざ痛には全く関係ない
とあなたは考えてはいませんか?
実は肩とひざとは密接な関係があるのです。
肩の簡単な運動だけでひざ痛を予防することができる、
革命的なひざ痛予防術について解説いたします。
年代別のひざ痛予防の注意点とは?
運動療法は、ただ闇雲にやればよいというわけではありません。
年代によって、そのひざ痛を予防する方法は異なるのです。
年代別のひざ痛予防の注意点について解説いたします。
ひざ痛に悩む人がスポーツをする際の注意点とは?
ちょっとひざ痛が改善したからといって、
いきなり激しいスポーツをするのは危険です。
そこで、スポーツをする前に
これだけは覚えておいた方が良いという、注意点をお教えいたします。
これを知っているだけで、
あなたは安心してスポーツに取り組むことができるようになります。
ひざが痛い人のためのウォーキングにおける注意点とは?
健康のために毎日欠かさず行っているウォーキング。
実は、ひざ痛の人にとってウォーキングが
逆に健康を害していることもあるのです。
そこで、ひざ痛の人がウォーキングを行う際の注意点について
お教えいたします。
このポイントを押さえた上で朝のウォーキングを行えば、あなたは
ひざに負担をかけず無理なく健康を維持することができるように
なります。

以上の内容は、宮田流ひざ痛改善法のほんの一部に過ぎませんが、
これらを知ればあなたのひざは自然と回復し、
自由に歩けるように変わって行くことでしょう。

そして、私がこれまで診てきた2000人以上のひざ痛に悩む患者さん同様、
その後様々な恩恵を得ることとなります。

例えば、以前行った患者さんのアンケート結果を少しだけ紹介すると、

◎ 安心してスポーツができるようになった。
(自分でひざの痛み和らげることができるようになるので安心です)

◎ O脚、X脚の進行を食い止めることができた。
(日本人は、ひざ痛になるとO脚になりやすいといわれますが、
ひざ痛によるO脚、X脚への変形を防ぐことができます)

◎ 階段が怖くなくなった。
(ひざ痛予防のための重心移動術をマスターすることにより、
階段を下りるのが怖くなくなります)

◎ 杖を使う必要がなくなった。
(重心移動術とひざに負担をかけない歩き方を体得することにより、
杖を使う必要がなくなります)

◎ 外出がおっくうでなくなった。
(患者さんの多くから旅行先の絵葉書を頂くようになりました)

このようなメリットが全てあなたのものになります。

このマニュアルには、

  • ひざ痛の原因を知る方法
  • ひざ痛改善の方法
  • 日常生活習慣からひざの痛みを変える動作術
  • 食事制限のダイエットではなく、
    ひざにやさしく効果を上げるダイエット術
  • ひざ痛改善後の再発を防ぐ予防ケア術
  • ひざ痛の人のためのスポーツ術

等々・・・

ひざ痛の人が生活をしてゆく上で必要となるノウハウを収録してあります。

このマニュアルは、20年にわたって、
私が数え切れないほどの患者さんとともに培ってきた私のノウハウを整理し、
患者さんが自分でひざ痛を解消し、
その後の予防ケアまでできるようにする
という目的に集中して、
具体的手順をわかりやすくまとめて完成させた、
いわば私のひざ痛改善における集大成的なマニュアルです。

「DVD2枚組+冊子」という大ボリュームで
ひざ痛改善のための方法をとことん解説しています。

今まで全国2000人以上の方々に教えてきた、
私のひざ痛改善ノウハウの集大成としてこのDVDをあなたにお届けいたします。

このDVDと冊子マニュアルで、ぜひあなたにもひざ痛を改善してもらいたいと思っています。

「ひざ痛が改善できる、そのマニュアルを
いくらで買えるのですか?」

宮田流ひざ痛改善法は、ひざ痛改善後もあなたの役に立つ、
あなた専属のひざ痛改善トレーナーとして作成した、
私のひざ痛改善技術に関する集大成のマニュアルです。

ひざ痛が一時だけでも改善されればOKという
短期的な視点のマニュアルではありません。

再発防止、体重管理、改善後のスポーツにおける注意点など、
ひざ痛改善後のあなたの人生をバックアップする専属トレーナーとして、
このマニュアルはあなたのそばに仕えることになるのです。

マニュアルを購入しなかった場合、長期的な視点に立って
今後あなたはひざ痛治療にいくらかかるでしょうか?

整体院に通い続けたらいくらでしょうか?
薬を飲み続けたら?

その交通費は・・・
その時間は・・・

日本、アメリカ2カ国で学び、その後患者さんとともに培った、
私の20年に及ぶひざ痛改善指導の集大成として
このマニュアルを販売することにしました。

このひざ痛のノウハウを完成させるのに2年の時間と数千万円のお金を使いました。

  

タイマー

  
宮田流ひざ痛改善マニュアル

価格19,800円

⇒48時間以内にご購入をいただいた方には、
特別価格でご提供中です。

□配送版 DVD2枚組(合計148分)+冊子96ページ
12,800円

◯別途、送料1,500円頂戴します。

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンをクリックしてくださいますよう
よろしくお願いいたします。

お気に入りに追加
お問い合わせフォーム

※決済は、各種クレジットカード、代金引換、後払いがご利用可能です。
※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。

※返金保証の詳細は、180日返金保証の欄をお読みください。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
疾患には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。


期間内にご購入いただいた方に限り!
下記の特典をプレゼントします!

ひざ痛の人でもマラソンで完走できる!宮田流
ひざ痛の人のためのメディカルテーピング術

このテーピングを施し、実際にマラソンを完走した人もいます。

・マラソンだけでなく、
・テニス
・ゴルフ
・スキー
・スノーボード
・バレー

あらゆる激しいスポーツをする場面において、
このテーピング術は役に立ちます。

プロスポーツ選手のメディカルケアトレーナーだからこそ分かる、
ひざ痛の人でも激しいスポーツができるようになるテーピング術をお教えします。

もちろん、分かりにくい冊子などではなく
DVD映像でポイントを分かりやすく解説いたします。

※初回プレスのDVD内に収録しております。

プロテニス選手のトレーナーでもある宮田トオルが
教える、ひざ痛の人のためのテニス上達法

私はプロテニスプレーヤーのトレーナーも勤めております。そこで、

ひざ痛の人でもテニスで勝てるコンディショニング法や上達法を
DVD映像で分かりやすくお教えいたします。

※初回プレスのDVD内に収録しております。

現役プロゴルフ選手のトレーナーであり、
ゴルフ雑誌にも連載を持つ宮田トオルが教える、
ひざ痛の人のためのゴルフ上達法

私は現役プロゴルフ選手のトレーナーを勤めており、また、
ゴルフ雑誌にも連載を数本持っております。

そこで、現役プロゴルファーのトレーナーでもある宮田トオルが教える、
ひざ痛の人のためのゴルフ上達法を
DVD映像で分かりやすくお教えいたします。

※初回プレスのDVD内に収録しております。

スポーツトレーナー宮田トオルが教える
ひざ痛の人のためのスキー、スノーボード上達法

スキー、スノーボードでひざを痛める人は非常に多いです。

そんなスキー、スノーボードでひざを痛めた人でも、
もう上達できないとあきらめることはありません。

ひざ痛の人でも無理なくスキー、スノーボードが上達できる方法
について、DVD映像で分かりやすくお教えいたします。

※初回プレスのDVD内に収録しております。

このマニュアルが
あなたのひざ痛を改善させる3つの理由

理由その1

このひざ痛解消法は、
2000人以上の私の患者さんが
その効果を実感している方法であること。

宮田流ひざ痛改善法は、私が整形外科、内科、リハビリテーションセンターなどで
運動療法を指導した後、渡米してロサンゼルスにあるセンチネラ・ホスピタルやシアトルマリナーズなどで学んだ最新のコンディショニング法をアレンジして開発したもので、
私が主催する「もどし体操友の会」や全国各地で行っている
講演会などでこのひざ痛改善法を指導しております。

このひざ痛改善法をマスターした方は数え切れませんが、
およそ2000人以上の私の患者さんがその効果を実感しています。

個人差はあるものの、この方法を忠実に実践していただければ、
おのずとひざ痛は改善されるものと自負しております。

理由その2

このひざ痛改善法は、老若男女関係なく
誰にでもできる簡単な方法だということ。

このひざ痛改善法を実践するに当たり、
ひざ痛に関する難しい知識や医学的な知識は一切必要ありません。

さらに、ひざ痛の症状の軽重も、
症状別に分けた3つのレベル別に解説しているので問題ありません。

あなたのひざ痛の症状に合わせた、
適切なひざ痛改善方法をお教えいたしますのでご安心下さい。

理由その3

このひざ痛改善法は、
今までのひざ痛改善本とは全く違う、
効果的な方法であること。

私のマニュアルは、
他の教材と以下の4点が決定的に異なります。

1.人それぞれ痛みの症状に合った解説になっています!
(残念ながらこれまでの市販のひざ痛解説本は解説が画一的なものが多く、
痛みの軽い人から重い人まで同じ方法で解説していることが、ほとんどです。)

2.運動療法をする前に痛みをとる方法を掲載しています!
(ひざが曲がらないほど痛いのにどうやって運動療法をしたらよいのか?
という疑問にお答えできることでしょう。)

3.改善後の予防方法を掲載しています!
(通常、すぐに再発してしまいがちな、ひざ痛の予防方法を掲載しています。)

4.スポーツを楽しんでいた頃に戻れるよう、ステップを組んでいます!
(スポーツを楽しむための注意点なども、解説しています。)

このように今までの教材は、ひざ痛改善のための運動療法が中心で、
ひざ痛改善後の予防ケアや日常生活での注意点、ダイエット術、
スポーツ術にいたるまで多岐にわたって解説するものではなく、
ひざ痛の医学的な解説、運動療法に力点を置くものがほとんどでした。

そこで、当マニュアルではそういった難しい医学的な解説などは一切排除し、
実用性を重視してこれでもかというほど具体的に、
ひざ痛改善のための方法と手順を明確にしてまとめてあります。

このDVDをみれば、あなたがひざ痛改善のために今するべき事が解ります。

最初に何からやったらいいのか、次に何をするか、
というように具体的に手順を説明しているので、
あなたにもわかりやすく、ひざ痛改善へ向かっていくことができるのです。

今すぐあなたも宮田流ひざ痛改善法で、
金銭的にも肉体的にも痛みを伴うようなやり方から抜け出してください。

本当に私のひざは良くなるの?

ここまで読まれても、まだ自分のひざ痛が改善されるか
不安な人もおられるかと思います。

確かに、ひざ痛というのは長い目で見る必要がある病であり、
一度変形した関節軟骨はもう元に戻ることはありません。

しかし、正しくつきあってゆけば、ひざ痛の進行を最小限に抑え、
痛みの症状を軽くすることができます。

「ほとんど治った」といえるまでによくすることも不可能ではないのです。

でも、今までさんざん努力してひざが改善しなかったあなたが
不安に思う気持ちもよく分かります。

そこで、私はあなたに一つのお約束をします。

業界初180日完全返金保証

DVDと冊子があなたのお手元に届き、
実際に運動療法を試してみて、
「全く効果がない!」 「ちっともひざ痛が改善しない!」
そう思いましたら、ぜひご連絡をいただきたく思います。

マニュアルをお申し込みされた日から180日以内であれば、
マニュアル代金を返金させていただきます。
(振込手数料はご負担ください)

ご返金に関しての理由は一切伺いません。

冊子とDVDを当社宛にご返送いただき(配送運賃はご負担ください)
メールの題名に「返金希望」、本文に「ご注文ID、もしくはお名前、
振込先銀行口座番号」を 記入し、ご連絡をいただければ
当社にて確認後10日間以内に、お振り込みいたします。

私は今まであらゆるひざ痛改善法に関する書籍を読んできました。
その中でも、
私のひざ痛改善法が、あなたの痛みを改善させてあげられることに自信があるのです。

だからこそ、このような180日返金保証
おつけすることができるのです。

あきらめるのは早すぎる!
私といっしょにひざ痛を改善させましょう!

年だからひざが痛いのは当たりまえ。
老化現象だからもう治らない
とあきらめるのは、まだ早すぎます。

先ほどお伝えしたとおり、
あなたのひざが改善する理由は3つあります。

一つ目は、
このひざ痛解消法は、2000人以上の私の患者さんが
その効果を実感している方法であること。

二つ目は、
このひざ痛改善法は、老若男女関係なく誰にでもできる簡単な方法であること。

三つ目は、
このひざ痛改善法は、今までのひざ痛改善本とは全く違う
効果的な方法であること。

以上の三つの理由で、あなたのひざ痛を改善させます。

ひざの痛みが続くと、それまで楽しんできたスポーツや旅行などの
趣味を楽しめなくなったり、買い物などの外出にも
不便を感じるようになり、気持ちが落ち込みやすくなります。

家に閉じこもりがちになり抑うつ的な精神状態になることもあります。

肉体的、精神的に追い込まれる前に、宮田流ひざ痛改善法をマスターして
ひざ痛と上手に付き合い、一日も早く笑顔を取り戻すことができるように
私といっしょに頑張っていきましょう。

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンをクリックしてくださいますよう
よろしくお願いいたします。

お気に入りに追加
お問い合わせフォーム

※決済は、各種クレジットカード、代金引換、後払いがご利用可能です。
※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
疾患には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

Q&A

質問1:宮田流ひざ痛改善法は肉体的にきつくないですか?
宮田流ひざ痛改善法は、一日7分程度の簡単な運動です。
ひざ痛のレベルに応じて3段階に分けておりますので、
ひざ痛が酷くてひざがあまり動かない人でも実践可能なノウハウです。
質問2:ひざ痛解消のための運動は、
1日どれぐらい時間がかかりますか?
1日7分程度ですが、
人によってはもっと時間をかけてじっくりやっていただいても結構です。
また、ひざ痛の症状が軽い人は、
無理のない程度にやる回数を増やすと良いでしょう。
自分の症状に合わせ、焦らずゆっくり取り組んで下さい。
1日少しの運動でも続けることによって、必ず結果はついてきます。
質問4:宮田流ひざ改善法が向いていない人はいますか?
宮田流ひざ改善法は、あらゆるひざ痛の程度にも対応できるよう
3段階に分けて解説しておりますので、
このマニュアルが向かない人というのはいません。
また、たとえ病院治療が必要な方においても、そのリハビリの段階、
再発防止の面で宮田流ひざ痛改善法が役に立ちます。
質問5:本当に自分で出来るか不安です。
大丈夫です。
はじめは難しいと思われるかもしれませんが、
あなたのひざ痛のレベルに合わせ、できる範囲でゆっくりと、
少しずつマニュアルを実践してみて下さい。
何度か繰り返すうちに、しだいにひざ痛が改善され、
ひざの可動範囲も広がってきます。
少しずつ少しずつ取り組んでいきましょう。

ひざ痛改善DVDを見た方の
喜びの声をお聞きください。

このDVDにもっと早く出会いたかったです!

田嶋さん田嶋里美さん

夫婦ともに40歳を越えてから膝痛に悩まされ、
特に主人は 2回の手術でも劇的な改善がみられないまま、
外出も減り、ストレスのせいかちょっとしたことでイラついたり、
毎日が暗くなっていく感じでした。

そんなとき、出会ったのが、この「宮田式」。

もっと早く出会っていたら...と、いつも夫婦で話しています(笑)

「膝」を治すためには、足首、股関節、肩甲骨などの
別の関節を意識することが非常に大事なのだと、初めて知りました。

冒頭の「足首の皮膚の運動」を解説通りにトライしているその時点で、
すでに「あ、膝にいいことをしている」ということが実感できるんです!

そして、最後まで、そのイメージの連続!

夫はよく「膝の筋力を鍛えろ、と言う人がいるが、膝が痛い人にそう言われても...」
とこぼしていました。

「宮田式」は、まさにそのジレンマに直球で答えてくれています。

「痛みをとりながら、膝を守りながら、日常の動きを治したり、
他の関節を整えることで改善していく」というやり方です。

膝痛の人のの立ち方、座り方、歩き方、靴のはき方まで、
日常生活の中でできる簡単な方法も、我が家では全部実践しています。

膝痛は経験者にしかその辛さがわかりません。

「宮田式」で、一人でも多くの方に、私たち夫婦と同じ、
改善の実感を味わってもらいたいと思います。

思い通りに歩く喜びは一生の宝物です。

痛みに悩まされなくなりました!

村山さん村山健史さん

幼少の頃から膝痛に悩まされていて、
何度も整形外科などの病院に通い続けています。

治療を受けるたびに膝痛が和らぎ、
その場は何とかなるのですが、
しばらくするとまた膝痛に悩まされるという日々を送っています。

そのため病院に行かない日が続くと歩くのが辛くなるほど痛みが
慢性化していて、どうにか自宅で治療できる方法がないかと
考えていました。

そんな時に膝痛を改善させるストレッチを
教えてくれるDVDがあることを知人に教えていただきました。

膝痛に関してのDVDがあることは聞いたことがなかったので半信半疑でしたが、
実際見てみると膝痛は起きる原因やどうすれば膝痛を抑えることができるかなど
詳しく解説してくれています。

さっそくDVDを見ながらストレッチなどを実践しましたが、
少しずつ痛みが和らいでいる気がします。

始めた頃と比べると、以前のように病院に頻繁に行かなくてもDVDで紹介している
ストレッチを行うだけで痛みに悩まされることなく行動できるようになりました。

そして骨盤を矯正させることで膝痛が改善される事もわかりましたので、
常に骨盤矯正のストレッチを行っています。

DVDを見なければ今でも膝痛に悩まされ続けたのかと思うと少し怖いくらいですね。

宮田先生のストレッチは大変勉強になりました!!

お母さんに薦めたいです!

幡野さん幡野奈津子さん

義母は高齢ですが、現役で営業の仕事をしています。

歩く仕事はただでさえ膝に負担がかかると思いますが、
加えて過体重のため、最近では痛がって足を引きずるようになってしまいました。

このDVDの宮田先生は、医療現場に長年従事してこられた方なので、数多くの経験から宮田式の運動法、予防法、改善法などをつくり出していると思います。

運動の方法も、とても細かく丁寧に説明されていて、あまり運動経験のない人でも悩まずに取り組めますし、いろいろなバリエーションの膝痛運動を覚えらるので、飽きずに続けられそうです。

膝痛で悩んでいる義母にぜひ薦めたいと思います。

全体的に見た感じは、膝痛のDVDといっても膝だけのサポートではなく、
全身を整える印象が強いように感じました。

体は全部つながっているので、膝だけでなく全身を考えるという方法は
とてもいいのではないでしょうか。

高齢の方だけでなく、テニス、ゴルフ、スキー、スノボをする人のコンディショニング法も
紹介されているので、スポーツをする若い方にも有効なDVDです。

膝の痛みがすっかり無くなってしまいました!

中井さん中井久美子さん

私は数年前、膝痛の為に介護の仕事を辞めました。

職業柄腰痛にならないようにと腰を庇っていたせいか、
膝の方が痛むようになってきたのです。

介護の仕事を辞めて、派遣のデスクワークをしながら
整形外科に通うことにしたのですが、
週3回もリハビリ通院するようにと言われました。

そんなに病院通いばかりしていられませんので、
膝痛についての書物やネット上の記事を調べていましたところ、
宮田式のビデオが目にとまり視聴してみました。

ビデオを見て、最初からびっくりしてしまいました。

膝とは無関係と思えるような皮膚の動きを良くする調整から入って、
意外な事ばかりだったのです。

そういえば、足の筋がカチカチになっている時にも
腰が痛くなることが多かった事を思い出しました。

膝痛の方も膝以外の部位が関係していることがわかりました。

整形外科では軽い筋力トレーニングを受けていましたが、
ほとんど痛みは軽減されませんでした。

そのうち通院するのも面倒になってきて、ビデオの中の壁を使ったスクワット体操を
特に欠かさないように続けました。

ビデオの通りに無理なく行える体操やストレッチを1年程続け、
膝の痛みはすっかり無くなってしまいました。

お陰さまで、今年の春から介護の仕事に復帰することができました。

職場で立っている時もビデオで学んだ重心操作を気に留めていますので、
以前働いていた時よりも腰やふくらはぎ、足裏まで楽になり、
本当に嬉しく思っております。

元通り激しい運動ができるようになりました!

谷口さん谷口悟さん

私は学生の頃にバドミントン部に在籍しており、当時のプレイによる膝への負担やハードな筋肉トレーニングの影響で膝を悪くしてしまい、今でも運動をする際には膝に痛みを感じるという
悩みを抱えていました。

これから年を重ねてゆくに辺り、少しづつ体が動かなくなってくる事を考えると、早い段階で手を打っておかなければいけないと考え、インターネットで情報を集めてゆくうちに、この教材を見つけました。

DVDを見てみると、宮田流オリジナルのノウハウ、治療法が網羅されていました。

宮田さんとアシスタントさんが画面上で治療方法を実践しながら解説をしてくれている為、
まるでラジオ体操をしているような感覚でひざ痛治療に取り組めました。

やはり正しい治療方法を知っているかいないかでは、大きく違うものだと実感しました。

3カ月程DVDを見ながら治療に取り組んでみると、
以前は膝の屈伸運動をした際に痛みが伴っていたのですが、
今では屈伸運動をしても痛みが伴わず、激しい運動をしても大丈夫です。

長年の悩みを解決する事が出来たので大変感謝しております。

生の経験なので説得力があります。

岡山信行さん岡山信行さん

私の周りには、母親をはじめ多くの
膝の痛みに悩まされている方がいます。

水を抜いたり、患部に注射をしたり、それは大変そうです。

私自身は、膝の痛みはないものの、
そんな人たちを見て、膝の痛みに関心を持つようになりました。

年齢からくる軟骨の摩耗によるものは、軟骨成分を
飲み薬として採ればいいと聞き試してみましたが、
どうもしっくりきませんでした。

ところが今回、膝の痛みを改善するDVDがあると聞き、早速見てみることにしました。

届いたDVDは、1・2巻合わせて2時間半以上あるもので、
この内容を実践するのは、最初大変だなと思いました。

でも、DVDを見ながら体を動かすと時間を忘れ、
心地よく続けることができ、体が軽くすっきりしてきました。

このDVDの制作者は、整形外科、内科をそれぞれ10年経験された方とのことです。

そこで経験された患者さんとの生の経験が、このDVDに集約され、
説得力あるものとなっていると思います。

膝に痛みを改善するDVDとのことでしたので、膝だけに対する何らかの処置と思ってましたが、体全体から、膝の痛み、その予防への操作方法が示され、とても感心しました。

また、膝に負担をかけない靴の履き方やひもの結び方、さらにテニス、
ゴルフ後のクールダウンの方法まで盛りこめられていて、何か今、とても得した気分です。

膝の痛みが確実に減りました!

今井さん今井美奈子さん

私の母は50を過ぎてから、
よく膝の痛みを訴えるようになりました。

日頃の立ち仕事や家事をするのにもとても辛そうで、
立ち上がるのも一苦労。

見ていられなくなり何か良いものはないかと探してる時に
この宮田式膝痛改善法のDVDに出会いました。

膝痛レベルを見てみるとやはり母にそっくり当てはまり、
DVDを見ながらの宮田式皮膚の調整法から始めました。

私も隣で一緒にやり始めるうちに体がぽかぽかしていくのがわかり気持ちよくできました。

痛みがおきたときのアイシング方法や筋力を高めるトレーニングなど、
とてもわかりやく解説されており、飽きずに続けています。

時間があるときにDVDを見ては実践しているようで膝の痛みは確実に減って、
特に膝への負担をかけない方法も教えてくれているので、
母はとても助かっていると喜んでいます。

ご近所の人にもおすすめしているほどです。

私も膝痛予防のためにも一緒に始めました。
膝痛に悩んでいる人も、予防したい人にもおすすめできるDVDです。

膝の動きが軽くなりました!

佐藤さん佐藤弘道さん

特に膝が痛いとか、調子が悪いというわけではないんです。

でも、若いころからずっと膝には違和感があって
なんとなく気になる場所なんです。

定期的に運動とかしていれば
いいのかもしれませんが、これといって
体を動かすこともほとんどありません。

そういうこともあってか、最近は階段の上り下りが、
ちょっと重くなってきた気がしていたんです。

膝が気になっていたこともあってこのDVDを見たんですが、いいですね。

「膝の痛みを和らげる皮膚調整法」と「可動範囲を広げるストレッチ法」をやってみると、
元々痛みがあるわけではないので、痛みが和らぐといった実感はないのですが、
膝の動きが軽くなったような気がします。

またすぐに実践でも使用できる「掃除機のかけ方」なんかもいいと思います。

こういうのは掃除機を使うときだけではなく、いろんなことをするときにも
共通のポイントがあって、膝のためにはどういうところに気を使ったらいいかが分かります。

「膝痛改善後の予防ケア」や「テーピング法」「ストレッチ法」と盛りだくさんですが、
この中から自分にマッチするものを選んで実践することで、
膝と上手に末永くつきあっていきたいと思います。

追伸

今このメディカルトレーナーという職に就く自分を振り返り思うことは、
人に喜ばれる仕事に就けて幸せだということです。

「先生、杖なしで歩けるようになりました!」
「友人と念願の温泉旅行にいけるようになりました!」
「娘と一緒に買い物に出かけるようになりました!」
「新しいスポーツに挑戦することにしました!」
「東京マラソン完走を目指して練習しています! 」

患者さんのこのような喜びの声を聞くたびに、
本当にこの仕事をやってきてよかったなと思います。

感激のあまり、患者さんではなく私が泣いていることも度々あります。

宮田流ひざ痛改善法DVDは繰り返し何度でも見られます。
痛みの段階により3つのレベルに分けて解説しています。
改善後の再発予防術も解説しています。

まさに、
あなた専属のひざ痛改善トレーナー
なのです。

専属トレーナーの指示に従い、自分のペースであせらずじっくり取り組んでください。

あなたから

喜びの言葉、
喜びのメール、
新たな挑戦への宣言、

が私の元へ届くことを願っております。

メディカルケア院長
宮田トオル

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンをクリックしてくださいますよう
よろしくお願いいたします。

お気に入りに追加
お問い合わせフォーム

※決済は、各種クレジットカード、代金引換、後払いがご利用可能です。
※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
疾患には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。